Concept

 

気配という人の音がする
その音が絶えた時の
いいしれない寂しさよ

the sound formed by a presence
when the sound is gone
emptiness remains
 

 

 


「人の音」とかいてヒトノト
 

金沢駅に近い昭和初期に建てられた町屋の土間からヒトノトを始めます。ヒトノトは、この土地で暮らしながら自分にできることを形にしていく宣言のようなものです。見守っていただければ幸いです。

日本人にとっての日本。普段使いのもの。暮らしの習慣…あたりまえだと思っていることの中に暮らしに必要なものが隠れていると思うようになりました。まずは、いらないものを捨てることからはじめます。整頓して、今あるものを生かします。そして、少しづつ足していく… 人の音がする、愛着をもって使っていきたいと思えるモノだったり、人とつながりをもてる時間だったりを。こればかりは1日にして成ることではないので、模索しながら積み重ねて行きます。まずは、つながる場所をつくるために、町屋の土間と2階畳の間をギャラリースペースとして開放することにしました。各地を旅する度、いかに多くの人が自分の身近なモノやコトに興味があるのかと驚きます。金沢のこと、日本のことを知りたい人が門をたたけるように発信していくことが今の私の情熱の矛先です。ヒトノトを通して、いつかブラジルの聞いたこともない村の人に出会えたら…そんな想像を膨らませながら。

 

 

 

hitonoto’ means ‘a human’s sound’ in Japanese.


We started this project from our machiya (a traditional Japanese townhouse) built during the Showa-era in Kanazawa, Japan. More than just a concept or a business, hitonoto is a declaration to being more conscious of how things are made and where things come from. 

We want to rethink our usual routines and habits and to be more selective in the items that we use on a daily basis. We aim to surround ourselves only with the things we truly love, especially if those things have a personal story or history attached to them.

The first step in this process is to discard all things that are no longer needed. A clean house is a clean mind. We carefully select the things we need and sometimes rediscover and restore old and disregarded items. The keywords in this process are simplicity, functionality, beauty and sustainability. 

Through exchanges with craftsmen and like-minded people, we hope to build meaningful connections and spread our love for beautifully crafted products. We will frequently write about the people we meet, the things we find and the places we visit and occasionally hold exhibitions at our machiya in Kanazawa. We literally and figuratively open our doors to anyone who is interested in sharing ideas. 

 


Members

NAO YASUTA
instagram @yasutanao

 

NIK VAN DER GIESEN
instagram @nvdg81